FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
東京は梅雨の中休み、暑い1日となっております。


さて、本日は、安定供給を目指すSCMについて。

早速ですが、本日の一言はこちら。

安定供給を目指すSCMには「余力」が不可欠

何事かが起こって供給が寸断された場合、
安定供給を実現するためには、
通常とは別の方法で供給活動を続けていかねばなりません。

たとえば、メーカーの物流センターが被災して出荷できなくなったら、
自社の他の物流センターから出荷する必要があります。

ところが、出荷を代替すべき物流センターが、
通常業務をこなすのに精一杯で、他の業務を行う余力がなかったならば、
代替は不可能です。

安定供給を実現するためには、
ふだんから「余力」を持っておかねばならないということになります。

7月4日の日経新聞にファミリーマートの記事があります。
「災害対応へ物流10拠点増」「稼働率、余力持たせる」という見出し。

物流センターを10か所増設して、
各拠点の稼働率は現在の92%から84%に落とすのだそうです。

こう聞くと、「余力を持つ」=「コスト増」と思われるかもしれません。
必ずしもそうではありません。

ファミリーマートの場合、現在の稼働率が把握されているので、
余力もはっきりしています。

稼働率を把握していない物流センターは、たくさんあります。
つまり、「余力」は眠っています。
現状のままでも「余力」は生み出せる可能性があるのです。

安定供給を目指すならば、
現時点でどれだけの処理能力があり、余力があるのか、
数値で把握することが、最初の一歩になるでしょう。

「余力」を生み出したい方、ぜひお問合せください。


今日は長野で震度5弱の地震があったとか。
被害が大きくないことを祈っております。
前回のメールマガジンで大地震が連続した時代があったことを書きました。
その後、自宅で断水に遭遇!
計画されていた断水だったのに、すっかり忘れていて、かなり焦りました。
水に代わるものって、本当にないんです・・・!!
「かけがえがない」という言葉をかみしめつつ、水タンクを調達してきました(^^;。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2012年7月10日第69号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2012.07.10 Tue l SCM l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/86-44acd13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。