FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

4月もあっという間に終わりに近づき、GWに突入しようとしています。
異動のあった方など、もう落ち着かれたでしょうか。

前回からの続きとして、
「安定供給」を目標とするSCMとはどうあるべきか、考えていきます。

安定供給を継続させる対策には、前回ご紹介したとおり、
以下の二つのアプローチがあります。

1.なるべく切れにくいサプライチェーンをつくること。
2.切れたらすぐに復旧できるようにすること。

SCM構築にあたり、目指すべきは「1」のほうです。
「2」は、BCP(事業継続計画)の範疇であると考えるほうが、
問題を整理しやすいでしょう。

では、切れにくいサプライチェーンをつくるためには、どうすればよいのでしょうか。

必要なことは3つであると言われています。

・可視化
・標準化
・分散化

「可視化」は、迅速に最適な判断を下すために不可欠な情報の“インフラ”
「標準化」は、調達を容易にするため、サプライチェーンの切れにくさを強化する“キモ”
「分散化」は、何事か起こりかけても、別の手段で対応できるようにする“保険”

そこで、本日の一言はこちら。

可視化・標準化・分散化で、切れにくいサプライチェーンをつくる

次回から、安定供給を目指す企業の取組みを紹介していきたいと思います。


東京は新緑の季節を迎えました。
かわいらしい若葉を見ると、再生、誕生というパワーに感謝したくなります。
皆様にとって、実りある黄金週間となりますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2012年4月27日第63号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2012.04.27 Fri l SCM l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/79-d938e09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。