FC2ブログ
松井がワールドシリーズでMVPを取りましたね!!
日本人初の快挙だそうです。
大ケガや不調を乗り越えて、本当に晴れ舞台での大活躍、胸が熱くなりました。
一方では冬のボーナスの冷え込みが伝えられるなど、よいニュースばかりではありません。
企業はいまだ大きな引き締めを行っているところなのでしょう。

さて、このような不況に入ると注目されるのが物流であったりします。
物流は不況の落し子 という言葉があります。

落し子とは 「ある物事の影響により生じたもの」 ですので(大辞林)
正確に言えば、物流管理や物流改善の気運は不況の落し子 と言うべきなのかもしれません。

不況になると、物流が注目され、改善の気運が高まるのです。
売上が確保できているうちは、
多くの企業で物流は二の次ですが、
売上が落ちてくると、収益源を内部に求め始めます。

物流コストは企業の支出項目の中で大きな割合を占めていることが多く、
利潤源として、大きな期待に応えられる可能性が高いのです。

こんな時代だからこそ、少ない収入でも利益を確保できる体制を築くことが重要です。
物流の見直しは、このために意外なほど大きな効果を発揮します。

「?!」 と思ったら、ご連絡ください。→ 湯浅コンサルティング
スポンサーサイト



2009.11.06 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/7-1b1e108c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)