FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いつのまにか、新緑の眩しい季節となりました。
今年は、私の家の周辺のケヤキ並木の芽吹きがとても早いのです。
例年、ゴールデンウィーク前後だったのですが、今年は2週間ほど早いような・・・。
早い芽吹きが、早い復興につながればと願わずにはいられません。

さて、
本日の一言はこちら。

★--------------------------------------------------------------------
 これからも、ロジスティクスの目指すところは変わらない
★--------------------------------------------------------------------

昨日の日経新聞(2011.4.21朝刊一面)で、
新日本製鉄の三村会長のインタビュー記事がありました。
震災後の企業の立て直しについて、
在庫を極力持たないジャスト・イン・タイム(JIT)の見直しが必要ではないかとの問いに対し、
「今回明らかになったのはJITの問題ではない。
(中略)JIT自体は正しい手法だと思う」と。

JITもロジスティクスも、その目標は
必要な在庫を必要な時に必要な量だけ調達するという点で一致しています。

これまで目指されてきたロジスティクスは、今後も変わらず目指すべきものと考えます。
「必要な在庫量」が増えるということもありません。

ただし、万が一の時にどう対応するのか、平時から検討しておくこと、
これを自社の範囲のみならず、サプライチェーンの範囲で検討しておくことが、
自社のロジスティクスを常に実行し続けるために
必要になっていくのではないでしょうか。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2011年4月22日第48号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気温差の激しい毎日が続いていますね。
皆様、体調管理には十分お気を付けください。

さて、
本日は湯浅が講師を務めさせていただくセミナーのご案内です。

セミナー主催はアスプローバ社(http://www.asprova.jp/companyinfo/)。
メーカーの生産計画システムにおいては、
国内では圧倒的なシェアを誇っておられる会社です。
グローバル展開にも多数の実績をお持ちです。
導入されたメーカーでは、在庫が減らせた、損益分岐点を下げられた、残業が減らせた・・・等、
多くの成果が上がっているとのことです。


本日の一言はそのタイトルから。

ロジスティクスが物流コストを削減する

以下、アスプローバ社のセミナーご案内より引用です。

震災でサプライチェーンの問題がクローズアップされました。
今後、製造業の物流、サプライチェーンは変化するのでしょうか?
そもそも現代の物流は如何にあるべきか?どの様に変化すべきなのでしょうか?

物流コンサルの第一人者湯浅先生をお招きしてお話いただくと共に当社の代表
高橋よりAsprovaSCMによる製造業の目指すべき方向と構築手法、最新動向をお
伝えします。

☆ご参加は製造業様、物流業様のみとします。ご容赦ください。

<セミナー概要>
日時:6月8日(木)13:30~15:40
場所:アスプローバ株式会社本社6Fセミナールーム
   〒142-0051 東京都品川区平塚2-5-8 五反田ミカドビル8F
地図:http://www.asprova.jp/companyinfo/000067.html
定員:27名 
申し込み:http://www.asprova.com/jp/seminar_jp/eventlist.html#2500
※参加無料となっております。満席になり次第締め切らせていただきます。


<セミナー内容>
13:30~14:30 「ロジスティクスが物流コストを削減する」
      株式会社 湯浅コンサルティング 代表取締役社長 湯浅 和夫様
   
   生産段階から顧客納品までの供給活動の見直しが確実に進んでいます。
   市場の動きと同期化させた供給システムの構築、つまりロジスティクスの
   導入により物流にかかわる多くの課題が解決されます。
   ロジスティクス、SCMの取り組みについて事例を踏まえて解説します。

14:40~15:40 「新興国で儲けるグローバルSCMの構築方法」
       アスプローバ株式会社 代表取締役社長 高橋 邦芳

日本企業が成長のためには、新興国市場で売上を増大し、コストを低減
することが必要です。世界多拠点の需要・供給の変動に即応し、高い
サプライチェーン性能を実現する「グローバルSCM」の構築方法を説明します。
 
15:40~16:50 質疑対応 
  
ぜひご参加ください。

お問い合わせ
アスプローバ株式会社
浜谷(ハマタニ)
03-5498-7071
info@asprova.com


以上、引用でございました。
定員があまり多くございませんので、皆様、ぜひお早目にご参加をご検討くださいませ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2011年5月23日第49号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2011.05.23 Mon l ロジスティクス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/65-8dd7d71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。