FC2ブログ
東京は昨日から急に冷え込みました。
皆様、風邪をひかれたりなさいませんように・・・

さて、今回は
「本来の目的を見失うな」

なにか改善に取り組み始めると、「コレを直すとアレが悪化する」なんていうことはしばしば。
関係者もカンカンガクガクの議論で、結局堂々巡り、どうにも結論が出ないなんていうことを
よくお聞きします。

そんなときは、改善に取り組んだ目的をもう一度振り返ってみてください。

たとえば 「品質向上プロジェクト」 ならば・・・?
品質向上が目的であるならば、そのためにたとえコストアップが発生するとしても、それは重要な問題ではありません。
改善プロジェクトがいま解決すべきなのは「品質向上」なのですから、まずこれに結果を出さねばなりません。それ以外の課題は後から徐々に解決すればよいのです。
もし、「検討はしてみたけれどコストアップになるからしない」 という結論に至ったりするならば、それは、まったく本来の目的に寄与していません。時間の無駄に終わってしまいます。

まず、本来の目的にてらして、「どうあるべきか」を考え、そこにおいて問題が発生するならば、どうやって解決すべきかを考えるという手順が重要だ、と湯浅は言っています。

「?!」 と思ったら、ご連絡ください → 湯浅コンサルティング
スポンサーサイト



2009.11.04 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/5-802a3298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)