FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

前回の配信で在庫の仕分けについてお話をしました。
皆様の在庫はいかがだったでしょう。
「あってよい在庫」、「あってはならない在庫」の区分はできたでしょうか?

今回は、「あってよい在庫」についてお話したいと思います。
あってよい在庫とは、言い換えれば「商売上、必要な在庫」です。
これを持っていることで、商売がうまくいく在庫ということになります。
持たねばならない、しかし、もちろん、その量は必要最小限であるべきです。
また、在庫を維持するための手間についても最小限であることが望ましいですね。

そこで、楽に、適正に在庫量を維持するためにはどうすればよいかを考えます。

発注担当の方がおられたら、何を望まれますか?

「自動的に、これだけあれば足りるという量を教えてくれるといいなぁ」
・・・ということではないでしょうか?

コンピュータを用いることで、商品別に
「最近の動向からみて、在庫は○個必要。だから今日●個発注して」
という数字を計算することが可能です。
これを「発注支援システム」と呼ぶことにします。
このシステムで「あってよい在庫」をすべて管理できればどうでしょう。
随分楽になりそうですね。
もし、すべての商品をこのようにコンピュータで管理できるならば、
そうしたほうがよいと言えます。

そこで、本日の一言はこちら。

在庫はなるべくシステムで管理する

ところが、そうはいかないよ、という場合もあるのです。
コンピュータに任せておくと、
過剰在庫を抱えてしまったり、欠品が発生してしまう場合もあるのです。
それはどんなものなのか、またそれをどう扱うべきか、次の配信でお話したいと思います。

年度末ということで、今年1年を振り返っておられる方もおられることと思います。
来る新年度は希望にあふれたものであってほしいと願っております。
異動なさる方々には新天地でのご活躍を願いつつ。
そのままの方々には一層のご活躍を願いつつ・・・。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

by 湯浅コンサルティング
スポンサーサイト
2010.03.31 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/34-23fd850a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。