FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、来訪されたお客様と在庫のお話になりました。

お客様の周辺には、
在庫を持つということが、経営上どんなに大変なことであるか
気づいておられない経営者の方が、たくさんおられるとか。

在庫が多いということは、
ぐっと人間に近づけてイメージして頂けば、
手に持っている荷物が多いと同じこと。
しかも、その荷物は、いつ必要になるか、まったくわからないのです。

人の一生は、重き荷を負うて遠き道を行くがごとし
とは、徳川家康の言葉ですが、
負うている荷が重いほど、道のデコボコは辛くなります。

在庫を減らして、遠き道を少しでも楽に歩めるようにしませんか?

正しく在庫を減らせば、
○ 過剰在庫が倉庫で長期間、滞留することを防げます。
○ 欠品がなくなって販売機会をロスすることもなくなります。

つまり、動かない在庫に投下していた資本は他に有効活用できるようになり、売上も向上し、倉庫はすっきりして作業効率も向上するのです。

「?!」 と思ったら、ご連絡ください。→ 湯浅コンサルティング

スポンサーサイト
2009.11.13 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/12-05b8092d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。