FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「ヤマト一斉値上げ」の記事が日経の一面にとりあげられました(3月12日)。
トラック確保は3月に入り、ますます深刻になっているようです。
シフト先の鉄道コンテナもピーク時に近い物流量を取扱い、
満杯に近い状況とか(カーゴニュース3月13日)。

ヤマト運輸以外でも、運賃を引き上げる物流事業者は増えています。
市場の逼迫がトラック運賃の上昇につながっています。

国土交通省によれば、輸送量は前年と比べ1割近く増えているそうですが、
トラックの輸送能力は、減少傾向です。
前回の記事に書いたように、ドライバーが不足しているからです。

全日本トラック協会による「最近のトラック輸送に係る緊急調査」
(2013年12月)によれば、
2014年1月以降の需要見込みに対して
輸送力を「確保できない」とする事業者は34%にも達しています。

また、2014年1月以降の運賃について、
15%もの事業者が「運賃は上がる」としています。

一般的な傾向として「下がる」は選択しやすい回答ですが、「上
がる」についてはよほど確信がない限り、選択できない回答です。

荷主としては、これまでと同様の輸送・配送をしていると、
コストの上昇を抑えられないということになっていくでしょう。
輸送力自体が逼迫していますから、
「力関係」という神通力も効かなくなってきます。

物流の逼迫がビジネスを制約するかもしれません。

トラック運送会社と良好な関係を築くことのほか、
輸送のなかでも不足感の激しい長距離輸送をなくす方向を
検討していくことが有効かもしれません。

スポンサーサイト
2014.03.13 Thu l 物流と経営 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/tb.php/102-26a7b942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。