FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆様、こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

バタバタしているうちにあっという間に2月も半ば・・・

さて、今回は弊社湯浅和夫の「新しい物流の教科書」第3章から、
「物流のあるべき姿」についてとりあげたいと思います。

今日の一言はこちら。
★-----------------------------------------------------------------------
 物流のミッションは「顧客納品」。顧客納品に無縁の活動は行うべきでない。
★-----------------------------------------------------------------------

物流を考えようとしている方々は、当然ながら
「物流をよりよくするにはどうするべきか」という
気持ちでおられるものと思います。

どうすれば「よりよく」できるかといえば、
やはり目指すべきゴールが明確かどうかが重要です。
ゴールに向かっての道筋は以下のように考えられます。

1.あるべき姿を描く
2.現状の「実態」を把握する
3.あるべき姿と現状とのギャップを「問題」として把握する

このように整理したうえで、問題解決に進みます。

4.原因を排除するための取組みテーマを「課題」として設定する
5.課題解決に取り組むことで問題を一掃する


企業物流のあるべき姿として普遍的に言えることは「企業競争力を高める」ということです。

これは以下の3つの要素で表現できますが、
ベースとなるのは「1.ローコストの物流」です。

1.ローコストの物流
2.環境にやさしい物流
3.災害に強い物流


ローコストの物流とは、「ムダのない物流」と言い換えられます。
ここで「ムダ」には2種類あることをお考えいただきたいと思います。

第一のムダは、よく現場改善の取組みとして行われる「効率化」の対象です。
現場の活動にはムダがあるとして、このムダを排除しようとするものです。

実は、「効率化」の取組み以前にするべきことがあります。
いま、そこで行われている活動や作業が「本当に必要なものかどうか」判断することです。

そもそも物流は何をしなければならないかといえば「顧客納品」です。
顧客納品にとって必要な作業以外はするべきでないのです。

つまり、第二のムダは、顧客納品と無縁の活動すべて、ということになります。


物流管理の原点として、下記のポイントを確認しておいてください。

<物流管理の原点>
1.物流活動は顧客納品のために存在する
2.顧客納品に必要な物流だけをやればよい
3.顧客納品と無縁の活動はすべてムダ


ところで明日はバレンタイン・デー。
この頃はチョコレート調達・製造の動機のバリエーションが増え
友チョコ・自分チョコなど多数、、、「自分チョコ」の単価が一番高いとかいう話も(^^;
日本で一番おいしいチョコレートに遭遇できる季節でもあり、試食に燃えたりしております。
歴史的には、1876年、 グラハム・ベルが電話の特許を出願した日なのだとか。
ベル氏が今の携帯電話やスマートフォンなど、ご覧になったらどんな気持ちになられるのでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
寒暖の差が激しいですが、お身体どうぞご自愛ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2015年2月13日第88号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2015.02.13 Fri l 物流と経営 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。