上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆様、こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

トラック不足、作業者不足、運賃高騰という、物流の世界ではバブル期以降、初めて経験する時代が始まりそうです。

弊社の社長、湯浅和夫の最新の著書では、帯に
「トラック・ドライバー不足で「運びたくても運べない時代」が到来」と書かれています。

著書のタイトルは「新しい『物流』の教科書」。

このような時代では物流をどのように行っていけばよいのか、
物流についてどのように考えるべきなのか、
この本からいくつかポイントを紹介していきたいと思います。


今回は最初の章に焦点をあててみます。

ここでは、「物流の最新動向」として、アマゾンや楽天に代表されるネット通販についてふれられています。

それぞれの物流への取組から、BtoCの物流として指摘されている重要なポイントは以下の2点です。

1. 物流は戦略的に活用できる
2. 物流ができる範囲でしか売上は実現できない


一つは、アマゾンによる「物流の戦略的な活用」です。

アマゾンが行っている無料配送は、「物流の戦略的な活用の数少ない事例」だとされています。

コストが発生する配送を自己負担にするということは、
明らかに利益を減ずる行為であり、それを承知であえて行うということは、
そのマイナスをカバーする狙いがあるということです。

アマゾンの狙いとは、配送を無料にして顧客の利便性を高めることで、
アマゾンの利用者を増やし、売上を増やすためであろうと推測されています。

物流コストを負担しても売上増がその負担をカバーして余りある
効果があると考えられているのかもしれません。

一方、楽天では、物流センターを立ち上げるなど、楽天市場の出店者の物流支援が行われています。

ネット通販ではよく、非常に小規模な商店であっても
全国を対象に広く商売ができるといった指摘がされますが、
その商店が1日に10個しか出荷できなければ、
どんなに人気があっても、それだけの販売しかできません。

「物流ができる範囲でしか売上は実現しない」のです。

楽天では、出店者のビジネスの成長イコール自らのビジネスの成長ですから、
そのために出店者の物流の制約をとりはらおうとしているのだと考えられます。


今日の一言はこちら。

★--------------------------------------------------------------------
 物流ができる範囲でしか売上は実現できない
★--------------------------------------------------------------------


東京はすっかり涼しくなりました。
皆様もお風邪などひれませんように。
ごきげんよう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2014年9月22日第86号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2014.09.22 Mon l 物流と経営 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。