上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
夏なので、ビールを材料に在庫管理の基本を語ってみたいと思います。
会社で読んで下さっている方には、昼からゴメンナサイ・・・。

今回の一言はこちら。

実は在庫管理は日常的に実行されています
 
さて、
さぁ飲むぞ!と出かけた場合の、
テーブルの上にあるビールを材料に、在庫管理を考えてみましょう。
ビールは飲みません、という方は、ビールの好きなお客様を接待していると思って下さい。

在庫管理は、「需要に合わせて必要な在庫を用意する」マネジメントです。

この例でいえば、需要とは「消費のスピードや消費量」
すなわち「飲むスピードや飲みたい量」ということになります。

乾杯して飲み始めると、だんだんグラスの中身が減ってきます。
「そろそろ注文しないと、次のビールが来る前にグラスが空になってしまうな」
というタイミングで注文しますね。

これが「発注点」です。
減ってきた在庫を補充発注するのに、最適なタイミングということです。

注文した瞬間にビールが届けられるならば、タイミングを読む必要はないのですが、
そうでない場合は、
注文してから手元に届くまでの時間を読む必要があります。
これが「リードタイム」です。

発注点が来る前に発注してしまうと、元からあるビールがたっぷり残っていますから、
なかなか新しいグラスに移れません。
ビールをおいしく飲みたい方は、そんな注文はしないでしょう。
一方、発注点が来たのに気付かずにいると、ビールは「欠品」してしまいます。

注文するときに、大きなジョッキにするのか、小さいグラスにするのか、
これは「発注量」の問題です。
当然、これも需要に合わせる必要があります。

あまり飲めないのに大ジョッキを頼んでしまうと、
高いお金を払ったうえに、飲みきれなくて余らせてしまいます。過剰在庫の発生です。

一方、たくさん飲みたい方が、小さいグラスで注文すると、
何度も注文しなければならず面倒です。
小さいグラスは割高な値段設定であることも多いので、コスト面でも損になります。

つまり、おいしく、欠品に悩まされることなく、コスト面でもリーズナブルにビールを飲むためには、
発注点と発注量の管理が重要であるということですが、
多分、どなたも無意識に実行しておられると思います。
実は、これが在庫管理の基本です。

会社の在庫に置き換えてみると、いかがでしょうか?


東京にはまた蒸し暑さが戻ってきました。
脱水症状の緩和にはビールは効かないようですから、
きちんと水分補給をなさって、どうぞ皆様、お元気で!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2013年7月22日第79号
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
2013.07.22 Mon l 在庫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。