FC2ブログ
皆様、こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

物流危機時代、切り抜けるためのなにかお手本はないのか。
むろん、リードタイムの延長や配送頻度の見直しなど、
現代の先進的な取組みも参考になりますが、
「故きを温ねて新しきを知る」というアプローチも、実は有効。

昔の日本、つまり物流の供給力があまり潤沢ではなかった時代の物流は、
実は「ムダのない物流」が追求されていたり。

現代の「先進的」と思われる取組みが
当たり前のように行われていたりします。

昔できていたことが今できないはずはない。
そう考えると、昔の「ムダのない物流」を勉強することは
今の物流の改善を考えるのに非常に有効です。

このたび、弊社社長の湯浅和夫が、月刊ロジスティクス・ビジネスに
「温故知新編」として2年超にわたり連載してきたものを
ホームページで公開することにいたしました。

テキストデータの流し込みのような形式になっており、
若干見づらいかもしれません。恐縮です。
見やすい公開方法を検討し、できれば改善したいと思っておりますが、
しばしこちらでご容赦ください。

今回の一言はこちら。

★--------------------------------------------------------------------
 故きを温ねて新しきを知る
★--------------------------------------------------------------------


温故知新で学びたいのは、やはり物流危機への対処法です。

物流危機の正体とその未来 
 時代の変化を勝ち抜く処方箋
https://www.amazon.co.jp/dp/4820120891/

昨日、北陸新幹線に乗りました。
車窓に見える田んぼの稲が少し育ち、緑が輝くばかりの美しさでした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2019年7月5日第96号
バックナンバーはブログにて(http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/)
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
★ホームページ「スタッフ紹介」からメールを送って頂けます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト



2019.07.05 Fri l 物流危機 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆様、こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

いきなり、今回の一言です。

★--------------------------------------------------------------------
 ドライバー不足は今後も拡大する
★--------------------------------------------------------------------

鉄道貨物協会による発表で、
2028年度のトラックドライバー不足は約28万人と予測されました。

現在、すでにドライバー不足の状態ですが、需要量109万人に対し、供給量は99万人あります。
需要に対し、91%の供給という状態です。

2028年度は、需要量は117万人にふくらむ一方、
供給量は89万人となり、需要に対する供給は76%しかありません。


20190607鉄道貨物協会グラフ)トラックドライバー需給、予測、ドライバー不足

(鉄道貨物協会発表資料より作成)

「運べない危機」、「届けられない危機」は
さらに深刻になりそうです。

これまでの常識に捉われない、「もっと物流をしない」取組みが必要です。

下記の本に、「物流をしない」取組みを様々とりあげています。

物流危機の正体とその未来
 時代の変化を勝ち抜く処方箋
https://www.amazon.co.jp/dp/4820120891/

本日、東京は梅雨入り。
道端の紫陽花が艶々としています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2019年6月7日第94号
バックナンバーはブログにて(http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/)
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
★ホームページ「スタッフ紹介」からメールを送って頂けます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019.06.07 Fri l 物流危機 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆様、こんにちは!
湯浅コンサルティングの芝田稔子です。

すっかりご無沙汰してしまいました。
もはやお詫びの申しようもございません。

さて、(まずは話題転換!)
「物流危機」という言葉が、ほぼ日常的な挨拶と化している昨今。

世の中は史上初の10連休目前。
物流に関わる方々は戦々恐々としておられる方も多いのでは。

ただのGWでも大変なところ、10日間もの連休、さらには港湾ストもあるかも?

この連休は、まずは物流危機の予行演習とも言えるかもしれません。

昨日、キユーピー株式会社が「ホワイト物流」推進運動への賛同を宣言しました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4820120891/

これは、簡単に言えば、物流が危機に陥らないよう、
物流から無駄を省き、ドライバーの長時間労働を抑制するために
物流に悪影響を及ぼさないような取引の工夫を行っていくということです。

どのような物流が行われるかは、荷主の行動に大きく影響されますので、
荷主のこのような意思は非常に大切です。

弊社スタッフ3名で執筆した下記の本に、
物流危機に備えた様々な荷主の取組みをまとめています。
GWに物流危機対策を考えつつ、お読み頂くのもいいかもしれません。

物流危機の正体とその未来
 時代の変化を勝ち抜く処方箋 (湯浅和夫編著/生産性出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4820120891/

今日の一言はこちら。

★--------------------------------------------------------------------
 物流危機の克服は、荷主の行動がカギ
★--------------------------------------------------------------------

東京は新緑が眩く美しい季節です。
桜前線が北海道へ到達したようですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
物流改善に効く!物流コンサルタントの「一語一会」2019年4月24日第90号
バックナンバーはブログにて(http://yuasaconsulting2.blog101.fc2.com/)
発行:株式会社湯浅コンサルティング(http://www.yuasa-c.co.jp/)
★ホームページ「スタッフ紹介」からメールを送って頂けます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019.04.24 Wed l 物流危機 l コメント (0) トラックバック (0) l top